政権党に対する新聞の役割について

最近の日本の政治ニュースを見て思うことは、報道の優先順位がおかしくないかということです。

森友学園や加計学園などの疑惑が、トップニュースになるほどの重要な問題なのか、はなはだ疑問です。

政権をチェックして、間違いがあればそれを批判するのが新聞の役目だと、よく言われます。特に左寄りと言われる朝日・毎日などはそう言う事が多い。しかし、最近の安倍政権に対する批判を見ると、チェックすると言うより、政治的な意図で自民党を叩く事自体が目的なんじゃないかという印象を受けます。

森友問題にしても、メールに、野党のある議員の名前が載っているにも関わらず

産経以外はそれを報道しないのはどうしてなのでしょう。これは私がネットでいろいろ調べたから知りえたことで、もしも、産経以外の新聞しか読んでいなかったら分からなかったでしょう。

そして、もしも自民党が政権党に相応しくないとすれば、野党第一党である民進党が政権に就くかもしれません。党首である蓮舫氏が総理大臣になる可能性もあります。朝日や毎日はそこまで想定しているのでしょうか。

二重国籍問題は蓮舫氏が疑惑に答えないまま、うやむやになっていますが、民進党が政権に就いたら批判を再開するつもりなんですかね。それでは遅い気がしますが。

新聞が政権党を監視することも重要ですが、将来政権を担う可能性のある野党のダメなところも指摘するべきだし、都合が悪いからといって隠さずに、事実を客観的に報道してほしいと思います。

みずほ銀行カードローン 専業主婦
みずほ銀行カードローンは専業主婦でも審査に通ることができます。また旦那にも内緒で借りれるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です